Kボイス

キーワード

2019/06/14 13:24 【おすすめの本】『あっちがわ』 【本店】

きのうと おなじ かえりみち、
しらないばしょに でてしまう。
きのうと おなじ おともだち、
どうして しらないこがいるの。
きのうと おなじ ぼくのかお、
なんだか ちがう きがするよ。
(冒頭より引用)

 こんな書き出しから始まる、ちょっと不思議で、とっても怖い絵本です。
 見開き一ページで一話が書かれていて、全部で15のおはなしが載っています。
 話も絵も全部怖い!!ゾクゾク、ぞわぞわ、じっとり、ヒヤッ・・・いろんな種類の怖さがたくさん詰まっています。怖いけれど、目が離せなくて、ドキドキしながらページをめくってしまいます。この絵本の世界に引き込まれれば引き込まれるほど、「あっちがわ」と「こっちがわ」の境界がだんだんわからなくなってきて・・・。
 個人的に特におすすめなのは、「みどりのしょうぼうしゃ」と「おえかき」。どんどんどんどん想像がふくらんで、私の想像の中では、とてつもなく怖いことになってしまいました。
 そして、最後の15話目「リフト」で恐怖のどん底に突き落とされたと思ったら、その次のページに待っているのは、救いなのか、さらなる恐怖なのか・・・。最後のページはもしかすると、読む人の想像力によって見え方が違うのかもしれません。ぜひ手にとって確かめてみてください。
 そしてもう一つ、この絵本の怖いのが、「思い出し笑い」ならぬ「思い出し怖い」があることです。なんだか、ふと思い出して、ゾクゾクッと怖くなるのです。怖くて、でも、ちょっと懐かしいような気持ちになりました。子どもの頃、怖い本を読んだときとか、怖い想像をしてしまったときに、背中がぞわぞわしてきて、壁に背中をくっつけながら本を読んでいた、あの頃の気持ちがよみがえりました。そういえば子どもの頃、私もこの絵本のような想像をしていた気がします。無限の想像力を秘めた子どもさんにひとりで読ませるのは危険かもしれません。一緒に読んであげてくださいね。そして案外、一緒に読んだ大人のほうが怖がってしまうのかもしれません。想像力はこの絵本をどこまでも怖い絵本にします。あぁ怖い・・・けれど、おすすめです。

『あっちがわ』作・絵イシズマサシ 岩崎書店 9784265081622

本店 樋口

2019/02/22 16:55 【おすすめの本】『魔眼の匣の殺人』 【本店】

デビュー作にして前代未聞のミステリランキング3冠達成、ミステリ界の話題をさらった『屍人荘の殺人』(今村昌弘著、東京創元社)。このたび、待望の続編『魔眼の匣の殺人』が発売されました!!  
 
 作品の舞台となる魔眼の匣の主は、予言者と恐れられる老女・サキミ。予言を外したことがないと言われるサキミがこう告げる。

 「あと二日のうちに、この地で、男女が二人ずつ四人死ぬ」
 

 そして、魔眼の匣に集まった男女九人。魔眼の匣と外部を繋ぐ唯一の橋が燃え落ちた後、一人が死に、残った者たちは魔眼の匣に閉じ込められる―。

 前作の『屍人荘の殺人』は、途中で○○○があったのですが、はたして今作は・・・。

 今作も読者を楽しませる仕掛け満載の作品です。最後の最後まで、いろいろぎっしり詰まっています!

 何を書いてもネタバレになってしまいそうなので、内容には触れないでおきますが、「今村昌弘、やっぱりすごい!!」、そう叫ばずにはいられない作品です。

 『魔眼の匣の殺人』から読んでももちろん楽しめますが、一ファンとして個人的には、できれば『屍人荘の殺人』から読んだほうが、いろんな楽しみが何割増しかになると思います。 

 個人的には衝撃度は『屍人荘の殺人』の方が高かったですが、満足度は『魔眼の匣の殺人』の方が高かったです!

 売場担当者激推しの一冊です!自信を持って心からおすすめいたします!!

『魔眼の匣の殺人』今村昌弘、東京創元社、9784488027964

 本店 樋口

2019/01/14 21:10 【おすすめの本】『マスカレード・ホテル』KaBoSららぽーと柏の葉店

1月18日より、映画『マスカレード・ホテル』が公開されます。

主演は長沢まさみと、意外にも初の刑事役となる木村拓哉!

その原作は、当代きっての人気作家東野圭吾による長編ミステリー小説で累計310万部突破の「マスカレード」シリーズの第一弾です。

連続殺人事件の犯行現場に予告された一流ホテルが舞台となり、なんと宿泊客全員が容疑者!
ホテルマンとして潜入捜査する主人公のエリート刑事・新田浩介が、彼の教育係に任命された山岸尚美と事件解決に奔走するというストーリーです。

映画公開に先駆けて、是非原作本をご覧下さい!

KaBoSららぽーと柏の葉店