スマートフォン版を表示

K-ボイス

【食べ物フェア】KaBoS宮前平店

2017/09/11 10:31

衣・食・住。日本人は古くからこの3つを生活の基本と考えてきました。その中で、現在最も危ぶまれているのが「食」だと言われています。近年よく耳にする食糧問題は、現状どこまで起こっているのでしょうか。

「食糧と人類」の関係が最も反映されるのが人口だと言われています。現在地球には70億を超えるヒトが住んでいます。では、100年前の人口はどれくらいだと思いますか?一説によると、1900年の人口は20億人だと言われています。何万年もかけ20億人まで増えた人類が、どうして100年ちょっとで70億人にまで増えたのでしょうか。

それには人類の歴史が大きく関わっています。1900年代に起こったのが、化学合成肥料革命です。18世紀後半に人類は産業革命を通じて、変換可能なエネルギーを扱い始めました。そして1900年代に、農業に関する化学エネルギー変換、つまり化学合成肥料の開発が本格的に行われはじめました。それにより人間が手にすることのできる食糧の量が格段に増大しました。それこそが、現在70億人を超え15年毎に10億人も人口が増加する最大の要因なのです。

そして今、人類は新たな食糧問題に直面しています。例えばエネルギー不足により化学合成肥料が作れなくなり、十分な食糧が取れなくなってしまうとも言われています。もし、化学合成肥料が無くなったら、もとの人口20億人分の食糧を70億人が分け合う事になります。

それの解決策として「遺伝子組み換え作物」等がよく取り上げられます。遺伝子組み換えと聞くとネガティブイメージがありますが、もちろん長所もあります。世界の遺伝子組み換えで最も有名な企業が「モンサント」です。

エネルギーの枯渇は50年から100年で起こるという予測もあります。決して他人事ではない食糧問題、これを期にきちんとした知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

KaBoS宮前平店

つぶやきをもっと見る