スマートフォン版を表示

K-ボイス

勝木書店トップへ戻る

キーワード: 全て表示 おすすめ プレゼント 絵本 JAN 歴史新刊 歴史への招待 故書探訪 店頭スナップ

「Lago スクラッチ塗り絵」SuperKaBoS大和田店

2017/03/18 17:54

真っ黒なボードを専用のペンでひたすら削るだけ。新感覚の”スクラッチ型塗り絵”が、現在人気となっております。色鉛筆も絵の具も必要ありません!

削る場所によって色が変わりますので、色鮮やかな風景が浮かび上がってきます。風景だけでなく、プリンセスや恐竜など様々な柄のものがあり、子供から大人まで楽しめるものとなっております。興味がある方は是非試してみてください!



大和田店 文具コーナー

【この春おすすめの文庫 『桜のような僕の恋人』】本店

2017/03/15 18:50

『桜のような僕の恋人』

 桜の季節、別れと出会いの季節・・・春に読みたい、おすすめの文庫をご紹介します。

 『桜のような僕の恋人』宇山佳佑 著、集英社、9784087455489

 美容師の美咲に恋をした晴人。彼女に認めてもらいたい一心で、一度は諦めたカメラマンの夢を再び目指すことに。そんな晴人に美咲も惹かれ、やがて二人は恋人同士になる。
 しかし、幸せな時間は長くは続かなかった。美咲は、人の何十倍もの早さで年老いる難病を発症してしまったのだった。老婆になっていく姿を晴人にだけは見せたくないと悩む美咲は・・・・・。

 あらすじを読んで、なんとなく泣ける話であることは予想していたのですが、予想以上に号泣してしまいました。前半は軽いタッチで書かれていて、おもしろくて笑えるシーンもありますが、後半は泣いても泣いても涙があふれてきました。小説を読んで、こんなに息ができないくらいずっと泣き続けていたのは本当に初めてです。
 作中で、晴人が撮った写真に、あるタイトルがつけられています。そのタイトルを文字で見たときに、なんて美しくて強い言葉なんだろう・・・と、心の奥に響いて、ページを開いたまましばらく動けませんでした。
 どんどん変わっていってしまうもののなかで、二人は何を見つけたのか・・・。この小説にその答えがあります。

 本店 樋口

歴史への招待 53) 信長の狂気

2017/03/11 5:50:

原題が「浅井長政」と聞き、なっとく。
信長の狂気と題しながらも、主に長政の側から長政の生涯を描いています。
信長本が多い中で、敗者となった朝倉義景や浅井長政を題材にした小説は多くないので、興味深く拝読しました。

長政は、天文十四年(1545)小谷城主浅井久政の嫡男として生まれる。
一代で京極氏の家臣から北近江を支配する大名に成り上がった祖父亮政(すけまさ)を尊崇し、父久政の守りの姿勢を嫌悪していた長政は、老臣達の支持を得て父を隠居させ15歳にして家督を継いだ。

初陣では、父が服従を強いられていた南近江の六角氏を激戦の末破り、武将としても家臣から支持される。
その後、信長側の働きかけにより信長の妹お市を迎え、信長と同盟することになる。
家臣は信長との同盟に賛否両論で、信長の非常識な行動を危ぶむ者と信長の勢いを支持する者に分かれるが、長政自身、父久政や朝倉氏の保守性への反発から信長との同盟を受け入れる。

一説では、この時信長より偏諱を賜り長政に改名したとも言われる長政ではあるが、上洛戦や二条城の普請では信長より一家臣のごとく扱われることや、信長軍団内での嫉視・軽視などに反発し、軍団に溶け込むことは出来なかった。

家臣達に信長への不信感が根強かったことも事実だが、長政も信長の言動に心服することが出来ず、ついに信長と決別する。
浅井になんの断りもなく、朝倉攻めを行った信長に、父久政をはじめ家臣が猛反発、朝倉氏の求めに応ずる形で信長に反旗を翻す。
その後は、歴史の示す通り3年に渡り、反信長網の一翼として奮戦するも叶わず小谷落城、自刃。

しかし、思うに長政は信長の偏諱を受けてるいたとしたら、改名していないし、信長の妹お市を離縁してもいない。
長政は享年29歳。戦国大名とは言え、信長のような暴君ではなく、家臣を束ねるカリスマ性には不足の年齢でした。
あの信玄や謙信でさえ、若いころは家臣団を纏めることに苦労し、戦歴を重ねることで信頼を得ることが出来たのです。
まして年若く経験も乏しい長政は、家臣達の意向からやむを得ず反信長に立ったのではと思れます。

同じく信長軍団の中で隠忍自重し続けた家康を思うに、若くして今川の人質として過ごした苦労人と、親元で育った苦労知らずの長政の違いを痛感します。

ともあれ、長政は信長に滅ぼされますが、長政とお市の娘、茶々は秀吉の側室として秀頼を生み、三女小督は秀忠に嫁ぎ、家光を生みます。
運命の皮肉と言うか、「天下布武」を目指した信長の夢は、ある意味長政の血筋によって叶えられたと言っても良いのではないでしょうか。


「信長の狂気」星亮一著 文芸社文庫 978428618378


橋本

【ドラえもんDVD&ブルーレイフェア】KaBoSベル店

2017/03/08 16:56

♪ドラえもんDVD&ブルーレイフェア開催中♪

ただ今、ドラえもんのDVD・ブルーレイをお買い上げの方に、
先着で「ドラえもん自由帳を」プレゼント中!
約60タイトルの商品を取り揃えておりますので、
ぜひご来店ください!
(自由帳の進呈は無くなり次第終了となります)

KaBoSベル店

【おすすめCD】SuperKaBoSワッセ店

2017/03/04 17:09

おすすめCD
「エド・シーラン/÷(ディバイド)」

2014年世界で最も多くのセールスを記録した
男性ソロ・アーティストの称号を得た
エド・シーランの待望の3rdアルバム発売です!
ヒット中のShape of Youも収録されています。
どんなシーンでも聴きたくなる曲ばかりです。
詞が深くて考えさせられます。
ぜひお聴きください〜♪


ワッセ店 高岡

【おすすめCD:ラ・ラ・ランド】SuperKaBoS新二の宮店

2017/03/02 18:17

本年度アカデミー賞最多6部門受賞!
まさかのハプニングで惜しくも作品賞は獲得なりませんでしたが
いま一番話題の映画《ララランド》!
観るものすべてが恋に落ちる、極上のミュージカル・エンターテイメントの、
59の国と地域で1位を獲得したサウンドトラックが絶賛発売中です!

2500円+税

歴史への招待 52) 走狗

2017/03/01 7:10:

薩摩には独特の身分制度がある。
藩主を頂点に、大身分(たいしんぶん)と呼ばれる門閥(御一門家、一所持、一所持格)、重代相恩の家臣(寄合、寄合並)がおり、「上士」と呼ばれる。
「平士」は、無格、小番、新番、御小姓組で、ここまでを城下士と言う。
その下に、外城士と呼ばれる与力と足軽がいる。

利良(川路正之進利良:としよし)の家は与力の中でも最下層に属し、城下士に取り立てられる可能性は、ほぼなかった。
「わしは、そういう殻を破りたい」
利良は、幼いころから立身出世に憧れ、今の貧しさから抜け出したいと思い、懸命に剣術の腕を磨き、勉学に励んだ。鉄砲の鍛練にも心血を注ぎ、外城士随一と呼ばれるほどの腕前になった。

その甲斐あり、蛤御門の変では、敵の大将格長州遊撃隊総督、来島又兵衛を打ち取り、敵の勢いを止める大功を挙げた。
「正どんの活躍で、おいたちは勝ちもした」
西郷の喜ぶ顔を見たいから戦った。誰にでもそう思わせる西郷。その西郷に最大の賛辞をもらい、天にも昇る利良。

その後、西郷の連絡役として、幕臣勝をはじめ諸藩の有志との交わりを持つようになる。
あるとき、利良はイギリス外交官兼通詞のアーネスト・サトウと西郷の面談に同席し、西郷が倒幕後の政体や社会についても考えていることを知るとともに、治安を維持し、政権や権力を守る為には、ポリス、特に情報を制し、未然に騒乱の元を絶つ、シークレット・ポリスの存在が不可欠との認識を持つ。

維新後、西郷の押しで日本の警察の創設に深く係わり、初代大警視(警視総監)にもなれた。
しかし、国政の舵取りで対立する大久保と西郷の狭間では、「大義の前では私情を捨ててあくまで警察に献身する」として、積極的に大久保を支持した。

政争に敗れ下野し、鹿児島に隠棲した西郷を立たせるため(政府に不満な不平氏族を一掃するため)策謀を用い、西南戦争では警視隊で組織された旅団を率いて西郷軍と戦い、西郷を自害に追い込んだ。

維新から戊辰戦争に於いて、西郷に心酔し、西郷のために奔走してきたはずの利良。
出世ととともに、わが身を守る為、さらなる出頭を求めて、大久保の走狗となり大恩ある西郷に弓を引いた。その地位も大久保の暗殺とともに、伊藤等に追われすべてを失った。
そして気づくことは、わが身を走狗として追い立てていたのは、自身の野心そのものだったということ。

しかし政争に敗れたとはいえ、胸をはって死んでゆける。堅固な警察組織を作り上げ、国民が安心して暮らせる社会を造ったのは、わたしなのだから。


「走狗」伊東潤著 中央公論新社 978412004924


橋本

歴史への招待 51) 阿蘭陀西鶴

2017/02/21 5:47:

おあいの生きるこの世は、音と匂いと手触りでできていた。
幼い頃から母に台所をしこまれた。包丁の使い方から味付けまで。
その他にも裁縫から、掃除に至るまで家事は一通りこなせた。

盲目の娘が台所をすることが世間では稀で、他人には驚きだと知らされたのは、母の亡くなった日のことだった。
父は母の死を嘆き悲しみ、うろたえ、泣きながら自分の不運を喋り通し、弔問客の同情をかった。
初七日には、法要の最中突如、「脈のあがる、手を合わしてよ、無常鳥(ほととぎす)」。
独吟をはじめ、女房の哀れな死や子らの不憫、己の寂寥をぶちまけるように千句吟じてしまう。
あげく「独吟一日千句」と題して出板までしたのである。

父は、大坂談林派の俳諧師、井原西鶴。
刀剣商の祖父に甘やかされて育った父は、若いころから一人前の放蕩者。
母と所帯を持って、おあいの他に弟二人を授かっても、大人しくなることはなかった。

大勢の取り巻きを引き連れての遊興、芝居見物。家を空けることは始終で、たまに家にいる時は、たいてい何かを読んでいる。
それも大声で読むから台所までかき回すような響き方、「あの騒々しいお客はん、どうか早よ去んでくれますように」と幾度願ったことか。

おあいの知る井原西鶴はいまだ際物でしかない。
矢数俳諧興行で名を売るが、俳諧の点者で得る報酬など高が知れている。貧乏なくせに貧乏臭い振る舞いは大嫌いで始末が悪い。

はっきり言って大嫌いだった父。
気持ちに変化が生まれるきっかけは、父との淡路への旅でのこと。
同行した役者、上村辰彌の一言だった。「井原先生が気の毒や。あんたは目の代わりになる力を身に着けたと言いながら、肝心なことには心を閉ざしてる」

その一言を聞いてから、父の生きざま、苦悩が少しずつ見えてくる。
阿蘭陀流と貶されながら、開き直り、権威や権力に立ち向かう。自分の才能を信じながらも、落ち込んだり悩み苦しみながら、「好色一代男」など町人を題材にした数々の作品を世に出し、浮世草子と呼ばれる文芸を生み出した父、西鶴。

最後にはこう思えるようになった。「お父はんのお蔭で、面白かった。おおきに」と。


「阿蘭陀西鶴」朝井まかて著 講談社文庫 978406293523


橋本

【シン・ゴジラ DVD&ブルーレイ】ご予約受付中 KaBoSベル店

2017/02/18 17:28

【3月22日発売「シン・ゴジラ」DVD&ブルーレイご予約受付中】

大ヒット映画「シン・ゴジラ」が、いよいよ3月22日にDVD&ブルーレイを発売!
プロモーション映像集とキャンペーン映像集収録の特典ディスク付。
ブルーレイ特別3枚組には、さらに、メイキング映像他収録予定のスペシャル特典ディスク付。
先着特典として、シン・ゴジラ&初代ゴジラペアチケットホルダー付(無くなり次第終了となります)。
ただ今、好評ご予約受付中です!

DVD2枚組・・・¥3,800+税
ブルーレイ2枚組・・・¥4,800+税
ブルーレイ特別3枚組・・・¥6,800+税

KaBoSベル店 吹矢

歴史への招待 50) 魂の沃野

2017/02/11 6:33:

越前との国境、加賀、風谷郷の地侍の子として生まれた、風谷小十郎(忠高)の物語。
北方氏の描きたかってものは何か。加賀の一向一揆、応仁の乱から「百姓の持ちたる国」になるまでの歴史をなぞりたかった訳ではないと思う。

元服して間もない頃。友、芳蔵に与力し決闘に臨むため月夜の路を歩んでいると、木に抱き着き揺さぶり泣くものがいる。
「熊か猿か」の問いかけに「人間だ」と答える僧。
いくつかのやり取りの後、獣のような気配の小十郎を指して、
「どうにもならなくて、立ち尽くすとき念仏を唱えよ」「南無阿弥陀仏だけを」と諭される。
これが、小十郎と蓮如の出会いだった。

その後、風谷党は、富樫正親と弟幸千代の守護の座をめぐる争いに巻き込まれ、小十郎は正親側で参戦することになる。
幸千代には真宗高田派が与力していたため、正親は本願寺派と手を結び、武士だけでなく宗門をも巻き込んで加賀を二分する争いになった。

幸千代党との戦い。少勢ゆえと油断していた敵を、小十郎の策により打ち砕き、正親の絶大な信頼を得、友とまで呼ばれるようになるが、家人(家臣)にはならなかった。
正親も遠慮から、小十郎に家人になれとは言えなかった。

幸千代党との戦いで見せた本願寺門徒の戦い。念仏を唱えながら死んでゆくことに恐怖とともに疑問をも感じた小十郎。
宗教は心の中にあるべきもので、宗教心を盾に、本願寺派の利益のために戦わせることは間違いだと思う。

守護になった正親は、加賀の支配を強め年貢の未納は違背とみなし、武力で制圧する方針を貫き、本願寺派は寄進という名目の収奪を強めていく。
守護と本願寺の対立。
加賀の地侍は門徒であるないに係わらず、守護と本願寺の対立に巻き込まれていく。

足利将軍義尚に与力し近江に出兵するため、さらに収奪を強める守護正親。
年貢と寄進に疲弊した地侍は本願寺門徒と結び一揆を起こす。
徹底した一揆制圧の悲惨な戦いをみて、門徒ではない小十郎も心を痛め、遂に門徒側で立つ。

武士とは、将軍を頂点に、守護のもと纏まり、国を支えるものとの正親の考えは、疲弊に喘ぐ多くの地侍に支持されるはずもなく、小十郎のもと反守護勢力が結集し、守護軍と対峙する。
正親は小十郎に「友であったころを思い出してくれ」と言うが、度重なる小十郎の諫言に聞く耳をもたなかったのは実は正親だった。

お互いに戦いたい相手ではない。しかし背負うものの違いは、二人を相容れない間柄に引き裂いてしまったのだ。


「魂の沃野」北方謙三著 中央公論新社
 上巻 978412004888
 下巻 978412004889


橋本