スマートフォン版を表示

K-ボイス

勝木書店トップへ戻る

キーワード: 全て表示 おすすめ プレゼント 絵本 JAN 歴史新刊 歴史への招待 故書探訪 店頭スナップ

【暑中お見舞い申し上げます。】SuperKaBoS新二の宮店

2017/07/26 11:21

うちのパンダちゃんが夏仕様になりましたのでお知らせいたします。


以前みなさまから募集した、「わんにゃん写真コンテスト」の結果をお知らせします。
入賞した作品以外も、どれも素敵な写真ばかりでした。
応募していただいた方、投票していただいた方、みなさまのご協力、本当にありがとうございました。

SuperKaBoS新二の宮店

【おすすめDVD】SuperKaBoS新二の宮店

2017/07/26 10:21

「君の名は。」が発売しました。


この奇跡の物語に、世界中が恋をした。

昨年の8月26日に公開された、新海誠監督の長編アニメーション映画が遂に発売!
興行収入が邦画歴代2位を記録、さらに主題歌「前前前世」も大ヒットと、社会現象を巻き起こした作品。

劇場に通った人も、まだ観ていない人も、ぜひご覧下さい。
先着で「特製フィルムしおり」プレゼント中です。

ブルーレイ・スタンダード・エディション  4800円+税
DVD スタンダード・エディション   3800円+税

新二の宮 丸山

【おすすめコミック】金沢泉野店

2017/07/24 18:05

北陸の御当地あるあるを漫画化した、『北陸トライアングル』2巻発売です!
今回も、新刊購入特典として、地域限定「特典ペーパー」封入いたいました!!
当店は、石川県バージョンです。
御来店、お待ちしております。

泉野店・コミック担当                                

【おすすめCDアルバム】SuperKaBoSワッセ店

2017/07/24 8:44:

「欅坂46/真っ白なものは汚したくなる」

シングル「サイレントマジョリティー」からデビューし、
デビュー作からヒット曲連続の欅坂46の
ファーストアルバムが発売しました。

曲だけでなくダンスもとても魅力的です♪
かわいさとかっこよさの両方も持った
これからの彼女たちに期待です!


ワッセ店 高岡

「夏、石、すっとーん」SuperKaBoS新二の宮店

2017/07/24 8:42:

毎日驚くほどの暑さですが、いっそ出かけてみませんか?
夏は石採集、化石採集の季節です。

本を片手にいしころ探しに行っても楽しいと思います。
恐竜博物館に行く前に本を見て予習しましょう。

いっしょに夏らしく涼しげな本もありますよ〜。


新二の宮店 越出

【売れてます!!三浦祐太朗 「I’m HOME」】

2017/07/13 8:01:

シンガーソングライター三浦祐太朗のカバーアルバム 「I’m HOME」が絶賛発売中です!
アーティスト活動10周年の節目の年に、母・山口百恵のヒット曲の数々をカバーした話題作。
山口百恵ファンの方にもぜひ聞いていただきたい1枚です!

KaBoSベル店

【宮下奈都さんの『神さまたちの遊ぶ庭』が文庫になりました!!】

2017/07/11 15:28

『神さまたちの遊ぶ庭』、宮下奈都、光文社文庫、9784334775056

北海道のトムラウシという、大自然に囲まれた地域に、福井から1年間移住した宮下さん一家。その1年間の暮しを記録したエッセイです。
宮下さんの3人の子どもさんが、みんなかわいくて、おもしろい。そんな子どもさんたちの言動にツッこむ宮下さんも、かわいくて、おもしろい。
地域の人たちも、やさしくてあたたかくて、おもしろい。(特に校長先生の、はしゃぎっぷりが好き!!)
ここまでの紹介で、「おもしろい」という言葉を3回も書きましたが、とにかくおもしろくて笑えるエッセイなのです。
めずらしい黒鳥のところとか、木の幹に抱きつく校長先生のところとか、他にもたくさん・・・何度読んでも噴き出します。
読んでいると、宮下さん一家と地域の人たちの笑顔が目に浮かんできて、こちらまですごく楽しくなってきます。

でもただ笑えるだけじゃありません。
このエッセイは、宮下さんが『羊と鋼の森』で本屋大賞を受賞される前に書かれたものなのですが、本屋大賞を受賞された今改めて読むと、思わず涙ぐんでしまうところがあります。
そしてこのトムラウシでの暮らしが、『羊と鋼の森』につながっているんだなぁということが感じられて、心がじわーっとあたたかくなります。

笑って、笑って、時々涙、そしてまた笑顔。思いっきり濃く、思いっきり全力で生活する幸せがたくさん詰まった、何度も読み返したくなる1冊です。

本店 樋口

【湊かなえ先生サイン会】 SuperKaBoS新二の宮店

2017/07/10 18:41

7月9日(日)14:00より開催いたしました、湊かなえ先生サイン会に約100名のお客様にお越し頂き、本当にありがとうございました。

当日は、湊かなえ先生とお客様が、直接お話され、途中お客様が感激して泣き出す 一幕などもありました。短い時間でしたが、楽しいひと時をお過ごし頂けたかと思います。

小柄な先生はお人柄が非常に気さくな方で「サイン会前はいつも緊張します。」と意外な一面も見られました。

そして、お客様にお待ち頂く間、飽きないようにと「湊かなえのアナログブログ」と言うチラシ配布したり、当日、サイン会に来て頂いた方の特典として、ミニファイルとシールをお付けしたりと色々とお気遣いをされる方でした。

お蔭様でサイン会を大々盛況のうちに終了致しました。改めて御礼申し上げます。

新二の宮店

【福井市出身 中村理聖さん 第二作発売!!『若葉の宿』】本店

2017/06/12 17:59

『若葉の宿』中村理聖著、集英社、9784087754360
中村理聖さんは、福井市出身で京都在住、『砂漠の青がとける夜』で小説すばる新人賞を受賞、2015年に小説家デビューされました。

待望の第二作のタイトルは、『若葉の宿』。
京都の小さな旅館に生まれた夏目若葉は、父を知らず、母は幼い頃に失踪し、祖父母に育てられた。
二十歳を過ぎた若葉は、新米の仲居として修行を始めるのだが……。

若葉は自分に自信がなく、失敗ばかり。そんな若葉が親友や祖父母、同僚や、京都の町の人々と交わりながら、ゆっくり成長していきます。

不器用でも、自信がなくても、自分の生き方を自分で決めた人には独特の強さがある。
そんな強さを感じられて清々しい気持ちになりました。
若葉が悩むたびに、「大丈夫」と見守るような気持ちで読みました。若葉に「大丈夫」と声をかけながら、自分自身にも「大丈夫」と言い聞かせていたような気がします。
若葉の姿に自分自身を重ねていたからかもしれません。
最後のシーンで、若葉がある言葉を発します。その言葉には、気持ちが奮い立つような強さと、幸せが広がっていきそうな予感が詰まっていて、私の中にも力と幸せが広がりました。
読むと力が湧いてくる小説です。

本店 樋口

【おすすめの本】KaBoS宮前平店

2017/06/12 15:29

『マインド・ゲーム』や『ピンポンTHE ANIMATION』等で知られる湯浅政明監督のオリジナル劇場作品『夜明け告げるルーのうた』。今回ご紹介いたしますのは絶賛公開中のこの映画の小説版。
しかし、俗に「湯浅ワールド」と呼ばれる、音楽やそれに合わせた独特の演出で視聴者をトリップさせる映像表現が特徴の湯浅作品を、わざわざ文字に起こしたものを読むことに果たして意味があるのか、という疑問を抱かずにはいられないのが正直なところではないでしょうか。
確かに小説では湯浅作品ならではのトリップ的映像美に浸ることはできません。が、逆に物語そのものに焦点を当てて読むことが可能であることが、小説版の最大の特徴となっています。というより、映画はその音楽と画面に完全に頭をやられてしまい、理性的な判断が非常に難しくなるのですよ。感情的にしか物語を見られなくなるので、落ち着いて俯瞰的視点でもって細かい箇所まで思索を巡らせるということは、少なくとも初見ではほぼ不可能となっているように感じます。
逆説的に小説版の意義を説く紹介文などいかがなものか、と思わないこともありませんが、実際のところ映画の映像と音楽の素晴らしさが尋常ではないので致し方ないのです。とはいえ、当然のことながら本作の魅力は作画や音楽がすべてではありません。脚本もよく練られており、この小説版は純粋に読み物としても十分に楽しめる上、映画の劇中では読み取りきれない、登場人物たちの細やかな心情が描かれてもいます。(できれば映画を観てから)ぜひ手にとってみてはいかがでしょう。

宮前平店