スマートフォン版を表示

K-ボイス

勝木書店トップへ戻る

キーワード: 全て表示 おすすめ プレゼント 絵本 JAN 歴史新刊 歴史への招待 故書探訪 店頭スナップ

【おすすめの本】『あっちがわ』 【本店】

2019/06/14 13:24

きのうと おなじ かえりみち、
しらないばしょに でてしまう。
きのうと おなじ おともだち、
どうして しらないこがいるの。
きのうと おなじ ぼくのかお、
なんだか ちがう きがするよ。
(冒頭より引用)

 こんな書き出しから始まる、ちょっと不思議で、とっても怖い絵本です。
 見開き一ページで一話が書かれていて、全部で15のおはなしが載っています。
 話も絵も全部怖い!!ゾクゾク、ぞわぞわ、じっとり、ヒヤッ・・・いろんな種類の怖さがたくさん詰まっています。怖いけれど、目が離せなくて、ドキドキしながらページをめくってしまいます。この絵本の世界に引き込まれれば引き込まれるほど、「あっちがわ」と「こっちがわ」の境界がだんだんわからなくなってきて・・・。
 個人的に特におすすめなのは、「みどりのしょうぼうしゃ」と「おえかき」。どんどんどんどん想像がふくらんで、私の想像の中では、とてつもなく怖いことになってしまいました。
 そして、最後の15話目「リフト」で恐怖のどん底に突き落とされたと思ったら、その次のページに待っているのは、救いなのか、さらなる恐怖なのか・・・。最後のページはもしかすると、読む人の想像力によって見え方が違うのかもしれません。ぜひ手にとって確かめてみてください。
 そしてもう一つ、この絵本の怖いのが、「思い出し笑い」ならぬ「思い出し怖い」があることです。なんだか、ふと思い出して、ゾクゾクッと怖くなるのです。怖くて、でも、ちょっと懐かしいような気持ちになりました。子どもの頃、怖い本を読んだときとか、怖い想像をしてしまったときに、背中がぞわぞわしてきて、壁に背中をくっつけながら本を読んでいた、あの頃の気持ちがよみがえりました。そういえば子どもの頃、私もこの絵本のような想像をしていた気がします。無限の想像力を秘めた子どもさんにひとりで読ませるのは危険かもしれません。一緒に読んであげてくださいね。そして案外、一緒に読んだ大人のほうが怖がってしまうのかもしれません。想像力はこの絵本をどこまでも怖い絵本にします。あぁ怖い・・・けれど、おすすめです。

『あっちがわ』作・絵イシズマサシ 岩崎書店 9784265081622

本店 樋口

「ポケモンカードゲーム キャラバン2019春編」 開催! 【SuperKaBoS新二の宮店】

2019/04/26 18:07

GW明けすぐの5/7(火)に「ポケモンカードゲーム キャラバン2019春編」が福井に、SuperKaBoS新二の宮店にやってきます!!
あのポニータ石井がキャラバンカーで道場破りに〜。ポケモンカードチャンネルの撮影も予定されてます。
イベントを勝ち進んでポニータ石井と対戦しましょう!
詳しくは下記URLから公式ホームページをご覧ください。

https://www.pokemon-card.com/info/2019/20190322_001754.html

たくさんのご参加お待ちしてます〜。

SuperKaBoS新二の宮店

【おすすめの本】『魔眼の匣の殺人』 【本店】

2019/02/22 16:55

デビュー作にして前代未聞のミステリランキング3冠達成、ミステリ界の話題をさらった『屍人荘の殺人』(今村昌弘著、東京創元社)。このたび、待望の続編『魔眼の匣の殺人』が発売されました!!  
 
 作品の舞台となる魔眼の匣の主は、予言者と恐れられる老女・サキミ。予言を外したことがないと言われるサキミがこう告げる。

 「あと二日のうちに、この地で、男女が二人ずつ四人死ぬ」
 

 そして、魔眼の匣に集まった男女九人。魔眼の匣と外部を繋ぐ唯一の橋が燃え落ちた後、一人が死に、残った者たちは魔眼の匣に閉じ込められる―。

 前作の『屍人荘の殺人』は、途中で○○○があったのですが、はたして今作は・・・。

 今作も読者を楽しませる仕掛け満載の作品です。最後の最後まで、いろいろぎっしり詰まっています!

 何を書いてもネタバレになってしまいそうなので、内容には触れないでおきますが、「今村昌弘、やっぱりすごい!!」、そう叫ばずにはいられない作品です。

 『魔眼の匣の殺人』から読んでももちろん楽しめますが、一ファンとして個人的には、できれば『屍人荘の殺人』から読んだほうが、いろんな楽しみが何割増しかになると思います。 

 個人的には衝撃度は『屍人荘の殺人』の方が高かったですが、満足度は『魔眼の匣の殺人』の方が高かったです!

 売場担当者激推しの一冊です!自信を持って心からおすすめいたします!!

『魔眼の匣の殺人』今村昌弘、東京創元社、9784488027964

 本店 樋口

【新生活フェア】 KaBoSアピタ敦賀店

2019/02/15 19:25

これから新年度を迎えるに

あたりピッタリなフェアを

はじめました♪



4月はじまりの手帳

入荷いたしました。

数が少なめなのでお早めに

お求めくださいませ。



お弁当づくりを始める方も

多いと思われます。

朝ラクレシピ本をあつめました!



ご来店の際はぜひごらんくださいませ。

KaBoSアピタ敦賀店

【2月22日は猫の日】 KaBoSアピタ敦賀店

2019/02/01 8:42:

【2月22日は猫の日】

2/22猫の日にあわせて公開の映画
『ねことじいちゃん』

をはじめ、人気の猫コミックや
眺めるだけでいやされる
写真集などをあつめました!

ぜひごらんになってください

KaBoSアピタ敦賀店

【バレンタイン特設コーナー】 KaBoSららぽーと柏の葉店

2019/01/29 17:46

2月14日はバレンタインデーです!

柏の葉店では、バレンタイン特設コーナーにて

甘〜いチョコレートのレシピから、

デートに役立ちそうなディズニーランドのガイドなどを

多数ご用意しております!

普段より、ラブ要素多目で営業中の柏の葉店に、是非お越し下さい!

KaBoSららぽーと柏の葉店

【柏の葉店です】

2019/01/24 8:50:

当店入り口では、2018年のベストセラー(トーハン調べ)ランキングを商品とともに公開中です!

メディア化で話題の商品、子どもたちに人気のある商品、芥川賞や本屋大賞で話題の商品など、

本に疎い方でも、どこかで聞いたことのある商品が多数勢ぞろいです!

是非、お越し下さい!

【2019年本屋大賞のノミネート作が発表されました!】

2019/01/22 13:00

2019年本屋大賞のノミネート作が発表されました!
ノミネートされたのは、以下の10作品です。

『愛なき世界』 三浦しをん 中央公論新社
『ある男』 平野啓一郎 文藝春秋
『さざなみのよる』 木皿泉 河出書房新社
『そして、バトンは渡された』 瀬尾まいこ 文藝春秋
『熱帯』 森見登美彦 文藝春秋
『ひと』 小野寺史宜 祥伝社
『ひとつむぎの手』 知念実希人 新潮社
『火のないところに煙は』 芦沢央 新潮社
『フーガはユーガ』 伊坂幸太郎 実業之日本社
『ベルリンは晴れているか』 深緑野分 筑摩書房

以上10作品、すべてに順位が付けられ、大賞受賞作品が決定されます。
大賞受賞作品の発表は4月9日(火)の予定です。

本店 樋口

【第160回直木賞受賞作】

2019/01/18 13:20

第160回直木賞には真藤順丈さんの『宝島』が選ばれました!

柏の葉店入り口において、絶賛展開中です。

ご来店お待ちしております!

KaBoSららぽーと柏の葉店

【TVドラマ化「トクサツガガガ」特設コーナー】KaBoSららぽーと柏の葉店

2019/01/17 11:05

1月18日スタートのドラマ「トクサツガガガ」の原作コミックを特設コーナーにて展開しております。

主人公の中村さんは26歳のOL。

職場では女子力が高いと見られているけど、実は…「特オタ」(特撮オタク)なのです!

隠れ特撮オタクOLコメディー、最新15集は1月30日発売予定です!!

KaBoSららぱーと柏の葉店